工場で一日ライン仕事をやってみた! ぶっちゃけもう二度とやんない

体験談

こんにちは。先日工場で人生初のライン仕事をやってみたアゲハです。

「単純作業」の文字にまんまと釣られて派遣バイトから応募しましたが、ぶっちゃけもう二度としないです。重要だから二回言います。

工場のライン仕事は日雇いで絶対にないです。

はい、というわけで今回はその理由を淡々と述べていきます。

学生や主婦で工場のライン仕事に応募しようか迷っている方や、これから工場のバイトを始めようと思っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

なぜ工場のライン仕事に応募しようと思ったのか

まずはここからですね。なぜ工場のライン仕事をしてみようと思ったのか。

ひとつは単純に興味があったから。もうひとつは時給が良かったからです。あと、派遣求人の「単純作業」「人気現場」の文字に釣られたのも理由です。ほんとおバカです。

何がどうおバカなのか順を追って説明していきます。

工場のライン仕事に応募したのは単純に興味があったから

私は普段主婦の傍らフリーのwebライターとして活動しているのですが、ライター活動をしていると部屋に缶詰め状態になることは日常茶飯事です。普段会話できる相手は主人と娘くらい。外に出れば近所の人と話すこともありますが、仕事のようなハリを感じることはないです。(つまりハリを求めていたっぽい。とんだドMだw)

特に夏は外に出られないくらい暑いので、出てもウッドデッキ止まりで娘をプールに入れるか、娘が寝たら部屋に引きこもって淡々と記事を書くかの二択しかないです。まあそれも今のうちだけできることだし、楽しいからいいんですけどね。

でもね、やっぱりね、普段人と話していないとこうね、保育士していた頃やホテルで接客していた頃が懐かしくなって、「もう一度外でバイトでいいから働いてみたいなあ」って思うときがあってですね……(ただの無いものねだり)。

で、私は思ったら即行動する派なんで、とりあえずwebからバイト検索しまして……。

ホテルフロントとその他接客と工場のライン仕事の3択で迷いましたが、工場での仕事は未経験だったのと実態を知りたかったのとで、工場のライン仕事を選びました。

工場のライン仕事は時給が良かったから選んだ

二つ目の理由は「高時給」ですね。

ライターの仕事は出来高制で仕事の作業時間は関係ないので、長くやっていると時給の仕事が懐かしくなったり、仕事がサクサク進まないと時給の仕事が羨ましくなったりします。(いや、私だけかもしれませんが。)

ライターの話は抜きにしても、時給制のバイトかつ同じ仕事内容で安い時給の仕事と高い時給の仕事があれば、きっと多くの人が高い方を選ぶのではないでしょうか。

生活がかかっているから当たり前ですよね。

派遣求人の中でも工場のライン仕事は他より+200円高かったので、私も高い方を選びました。

派遣求人の「単純作業」「人気現場」の文字に釣られた

これは今思えば本当にバカだったと思います。

「単純作業」と「人気現場」と書いてあっただけで勝手に「楽」だと思い込んだ節があります。はいもうバカ。大バカです。

確かに求人には「単純作業」「人気現場」と書いてありましたが、単純作業だからその仕事が「楽」だとは限らないし、人気現場だからその仕事が「楽しい」とは限らないんですよね。

むしろ、仕事内容が「単純作業」で機械のように単調だと、人間はどうなるんだろうかとか、職場の雰囲気はどうなるんだろうかと一度想像した方がいいです。「人気現場」にしてもそうです。そもそも本当に人気かも怪しいし、求人にそういうことを書く必要があるんでしょうか。あるとすればなぜでしょうか。(ていうか人気だったらそもそも求人出してないよね)

私が言うのもなんですが、皆さんもバイトや職を選ぶときはよく考えてくださいね。

実際に工場のライン仕事をしてみて分かったこと・感じたこと

ここからは想像以上に労働環境が過酷だった工場のライン仕事の実態と感想を述べたいと思います。

なお、私が体験した工場はあくまで一社のみです。中には労働環境が非常に整っている工場もあると思うので、以下の情報は参考までにしてください。

工場のライン仕事は長時間立ちっぱなしで足腰が痛くなる

工場のライン仕事は定位置に立ったまま手先を黙々と動かす仕事なので、慣れていない学生や主婦が入ると当然足腰が痛くなります。

私が入ったのは食品工場の洋菓子課で、粉をふるったりチョコをトッピングしたりラベルを貼ったりといった超超単純作業でしたが、ずっと立ったままの仕事で足腰が痛くなりました。

ていうか今思えばあれ椅子に座ってもできるし機械に任せてもでもできる仕事じゃん。終始立ってやる意味が分かりませんw

工場のライン仕事は確かに「単純作業」で慣れれば簡単

工場のライン仕事にも寄りますが、私が入ったところは超超単純作業で、開始直後こそはうまくいかないこともありましたが、慣れれば簡単な仕事でした。

具体的には、バナナの皮をスピーディーに剝いて機械に入れたり、ケーキにココアパウダーを振ったり、ケーキのプラスチックケースを並べたりフタを締めたりしました。

というかこれも今思えば全部機械でできる仕事じゃん頭も全然使わないし。人間が機械に動かされてどうするのよ。

工場のライン仕事現場は上下関係が激しく新人に冷たい

はい、これね、思い出しただけでも本当に腹立ちますw

私が入った工場現場だけかもしれませんが、仕事に初めて着手する新人や仕事を覚えていない新人には本当に冷たくて白い目で見られます。そう、もうね、正社員に質問しただけでうざい目で見られました。特に女性。マジで意味が分かりませんw

仕事を教えてもらうときも、なぜか喧嘩腰かつ命令口調で超めんどくさそうに指示されましたね。もしかすると、毎日機械相手に仕事してたら人間も機械みたいに感じるのもしれません。

イモムシ先生苦笑い
イモムシ先生

工場で働いている人がみんなそうとは限りません。一日体験しただけの素人の戯言なので参考までに。

それに、機械相手の仕事は生産性ありきなので、失敗しようもんならベテランからめちゃくちゃ怒られます。豆腐メンタルにはきつ過ぎましたw

工場ライン仕事まとめ:体育会系じゃない人はライン仕事に手を出すなかれ

今まで教職や保育職、ホテルや式場の接客、クレカや食品の販売促進と色々やってきましたが、これほどまでに体育会系で雑なバイトは初めてでした。もう二度としません。

工場のライン仕事は確かに「単純作業」で仕事自体は慣れれば楽ですが(それでも体力は使いますが)、中には想像以上に強いセルや魔人ブウみたいな厄介者もいるので、スーパーサイヤ人になってから応募することをお勧めします(分かりづらくてすみません)。
皆さんもバイト先を決めるときはよく考えてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメント