おもちゃレビュー☆ エド・インターの「あそびのおうち」で遊んでみたよ!

我が家のあれこれ

こんにちは。アゲハです。

ブログの更新が滞っている間にわが子も1歳を過ぎ、今ではしかけのあるおもちゃで遊べるまでに成長。最近は、プレゼントで頂いたエド・インターのおもちゃ「あそびのおうち」でよく遊んでいます。

というわけで、今回はおもちゃレビューです。娘がよく遊ぶエド・インターの「あそびのおうち」をここで紹介させてください。

スポンサーリンク

エド・インター「あそびのおうち」ってこんなおもちゃ

こちらがエド・インターが販売しているおもちゃ「あそびのおうち」のパッケージ。

型はめの屋根が付いたおうちと、「ハート」「お星さま」「三角形」「四角形」「五角形」「円」の6つの積み木がセットになったおもちゃです。

対象年齢は1歳半から2歳、3歳まで。1歳半から使ったとして、少なくとも1年半は使えますね。

パッケージのサイドを見ると、遊びの種類が分かりやすく書いてあります。

おもちゃ「あそびのおうち」は、ひとつで次の4つの遊びができます。

  1. かぎあそび
  2. 型はめあそび
  3. そろばんあそび
  4. 犬とボールでおうちあそび

「かぎあそび」は、ドアのかぎ差込口にかぎを入れて回し、ドアを開閉して遊びます。

「型はめあそび」はそれぞれ6つの積み木を型にはめて遊び、「そろばんあそび」はカラフルなビーズを指で移動して遊びます。「犬とボールでおうちあそび」も同じような感じですね。

では早速中のおもちゃを取り出してみましょう。

 

エド・インターのおもちゃ「あそびのおうち」で遊んでみたよ!

箱から中身を取り出すと、こんな感じ。

型はめの付いた明るいグリーンの屋根と、かぎ穴の付いたイエローのドアが付いた丸っこいおうちがなんとも可愛らしいです。カラフルな積み木も子どもの目を惹きますね。

おもちゃの素材が温かみを感じさせる木材なのも嬉しいです。前面綺麗にコーティングされているので、ささくれで怪我をする恐れもありません。

角度を変えるとこんな感じです。

サイドにも星型の型はめが付いています。

そろばんあそびの木のビーズは見てのとおりカラフル。触ってみると軽く、滑りもいいので小さい子どもでも簡単に動かせます。

サイドに付いた犬とボールも木材でできており、軽く扱いやすいです。

子どもの手先の運動にぴったりですね。

さて、肝心の「型はめあそび」と「かぎあそび」はどうでしょうか。

まずは「型はめあそび」からわが子にチャレンジしてもらいましょう。わが子の年齢は対象年齢より低いけどできるかな?

入れたいかたちの積み木を選んで手に取り

あーでもない、こーでもない、と型違いの場所に積み木を入れて遊んだあと

再び入れたい積み木を手にとって

そして……

おおうっ!!?

い、入れた――――――――――!!!!!

入れました!やりました!カニ子さん、おもちゃ「あそびのおうち」の任務を見事に遂行してくれました!ありがとおおおおお!!!!!

「かぎあそび」はどうでしょうか。

こちらもまず大人が手本にかぎを回してみると、私もできると言わんばかりにかぎを持ち

そしてそして

えいっ!

と何度も回して開けようとします。

11か月の娘にはまだ難しかったのか、結果的にはまだ扉は開けられませんでした。ですが、何度も大人の真似をして開けようとしていることだけは分かりました。

親バカフィルターでしょうが、遊びの内容を理解しているようにも思えてなりません。

型はめあそびについては、「四角形」だけでなく「ハート」や

「円」も入れられたので、こちらのおもちゃは1歳を過ぎたあたりからでも十分遊べることが分かりました。

 

エド・インターのおもちゃ「あそびのおうち」まとめ

木のおもちゃは滅多なことがない限り安全に遊べて、温かみを感じられるのがいいですね。

エド・インターのおもちゃ「あそびのおうち」は、仕掛けがたくさんあるので子どもの知的好奇心をくすぐると同時に、積み木を掴んで放す手先の運動にもなります。

色がカラフルだから、子どもの食いつきもよくおすすめですよ。

以上、エド・インターのおもちゃ「あそびのおうち」のレビューでした。

スポンサーリンク


コメント