佐世保の水族館『海きらら』で海の生き物を見てきたよ!

スポット

こんにちは。

佐世保の九十九島水族館『海きらら』のウミガメに圧倒されたアゲハです。

海きららと言えば、2018927日にイルカのニーハがメスの赤ちゃんを産んだことでニュースにもなっていましたね。

アゲハ笑顔
アゲハ

私たち家族も2018年9月28日にイルカのニーハとその赤ちゃんイルカをばっちり見てきたよ!

残念ながら赤ちゃんイルカの写真は撮り損ねたけど、大きなウミガメタマカイの写真はばっちり撮ってきたよ!

というわけで、佐世保の九十九島水族館『海きらら』を簡単に紹介します!

スポンサーリンク

海きららの駐車場は広々

 

海きららは年中無休で営業しているので、もちろん駐車場も年中無休で利用できます。

駐車場は第1駐車場から第5駐車場まであり、乗用車は700台、大型バス・マイクロバスは18台も停められる広さ。

乗用車の場合、最初の30分間は無料で、駐車時間が延長するごとに100円ずつ増加する仕組みです。

ちなみに、4時間まで利用しても駐車料金は200で済みます。14時間利用しても800円。

庶民には良心的価格ですよね。

 

海きららのチケットカウンターで入場手続き

 

早速海きららに入場し、チケットカウンターで入場手続きを済ませます。

チケットの値段は、高校生~大人までの一般個人で1,4404歳〜中学生までで720に設定されていました。3歳以下は無料だったので、わが子の分は無料で入れました。

15人以上の団体や、佐世保市民の方、障がい者手帳を持っている方は一般個人価格より安く入れるので、以下を参考にしてくださいね。

 

入園料

高校生~大人

4歳~中学生

3歳以下

15人以上の団体

1,230

620

無料

佐世保市民の方

1,020

520

無料

障がい者手帳を持っている方

720

360

無料

 

海きららで海の生き物を観察

 

海きらら館内には、「五島の海水槽 」「クラゲシンフォニードーム」「九十九島イルカプール」などいろいろなスポットがあります。

本当は全てを紹介したいところですが、実際に行って見た方が楽しいので、ここからは個人的に館内で印象的だったスポットを4つ紹介したいと思います。

 

1.五島の海水槽

 

五島の暖かな海を再現した水槽です。

ここでは、熱帯に住むアオウミガメや、コブダイソラスズメダイホウライヒメジといった魚、絶滅危惧種のタマカイなどを見ることができます。

 

↑温厚な性格で悠々と泳ぐアオウミガメ

 

タマカイ。体長は約180㎝、体重は約80㎏もある。

アゲハ驚き
アゲハ

タマカイについては今回の海きららで初めて見ました!!

 

わが子はまだ1歳半ですが、2m近くもある図体にはさすがに驚いていました。

スポンサーリンク

2.九十九島湾大水槽

 

九十九島湾に生息する海の生き物を観察できる場所です。

九十九島の沖合いから沿岸までを再現しています。

海きららの大水槽は、国内有数の珍しい屋外型で、悠々と泳ぐサメエイイワシアジの群れを一度に眺めることができます。

水族館が初めての子どもにとっては迫力満点のスポットに違いありません。

 

3.岩場・ガラモ場

 

九十九島の岩場にできる「ガラモ場」を再現したスペースです。

ガラモ場とは、コンブ、アラメ、ホンダワラなどの海藻から形成される藻場(海藻が茂る場所)のことを言うみたいです。

正面はもちろん、足場と天井もガラス水槽になっていたので、海中にいるような感覚でミノカサゴバルネンブツダイなどの生き物を観察できました。

 

4.タッチングウォッチング

 

九十九島の海の生き物を触って観察できるコーナーです。

ヤドカリヒトデを触ったり、カサゴメジナナマコなんかを見て観察することができます。

この日も遠足で訪れた子どもたちが、浅瀬の海水に手を入れて生き物を触って楽しんでいました。

せっかく佐世保の海きららに行ったので、私も海水に手を入れてヒトデを触ってみました。

アゲハ驚き
アゲハ

ヒトデは思っていたより硬かったです!!

 

海きららのお土産コーナー

 

海きらら本館で九十九島の海の生き物を見た後は、本館傍のお土産コーナ『アクアショップきらら』で、ぬいぐるみやお菓子、雑貨などのオリジナル商品を見て楽しめます。

もこもこイルカのぬいぐるみや、ハンカチ・ポーチ・キーホルダーなどの可愛いイルカグッズクラゲの「きらら」と「くらら」のぬいぐるみチンアナゴ・ニシキアナゴの抱き枕、クラゲに見立てたゼリーの『ジュレクラゲ』、海の生き物のリングノートお箸などが並んでいました。

ちょうど子ども用のいいお箸を探していたので、記念にクマノミのお箸を買ってこの日は水族館を後にしました。

↑後日撮った写真。今ではすっかり娘のお気に入り。

 

佐世保の水族館『海きらら』のまとめ・感想

 

海きららは、九十九島や五島の生きものはもちろん、クラゲや絶滅危惧種のカブトガニ、イルカの親子、淡水魚なども見ることができる水族館です。

海の生き物を見て楽しむだけではなく、ヒトデやヤドカリのタッチコーナや真珠の球出し体験コーナで実際に触れる体験もできるので、子どもたちも退屈せずに楽しめます。

水族館内に子ども広場もあるので、疲れたらここで一息ついてもよし。授乳室ベビーカーの貸し出しもあるので、赤ちゃん連れのママも安心して館内を回れますよ。

長崎の佐世保に観光に行った際は、ぜひ九十九島水族館『海きらら』に立ち寄ってみてくださいね。

 

水族館名

九十九島水族館海きらら

所在地

長崎県佐世保市鹿子前町1008番地

最寄り駅

JR佐世保駅からバスで約1825

閉館日

年中無休

営業時間

3月〜10月】9:0018:00(最終入館17:30)

11月〜2月】9:0017:00(最終入館16:30)

TEL

0956-28-4187

公式HP

九十九島水族館海きらら

 

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


コメント