ベランダDIYはウッドパネルで! 子供の遊び場作りにもおすすめ☆

我が家
スポンサーリンク

ウッドパネルを使ってベランダをイメチェンしたら、子供が予想以上に喜び、今ではベランダがちょっとした遊び場になっている我が家の嫁を務めていますアゲハです、こんにちは。

ベランダって室内に比べてDIYする気が起きづらい場所ですが、裸のままだと汚れが目立ったり、雨水の掃けが悪かったりで、100%気持ちよく利用できるかと言えばそうとは言えないですよね。

私の場合、晴れの日はともかく、雨上がりの日にじとじとしている地面をスリッパで歩くのが不快でどうにかしたいな、と思っていました。(といっても、真夏は真夏で地面が焼けて熱いからスリッパは必須なんですが……。)

そこでようやく重い腰を上げ、ベランダのイメチェンにおすすめの人工木ウッドパネルでベランダDIYにチャレンジしてみました!

スポンサーリンク

我が家が選んだ人工木ウッドパネル

ウッドパネルには天然木と人工木がありますが、我が家の場合、人工木のウッドパネルを注文しました。

天然木は、天然木ならではの香りや温もりを味わえることや、人工木に比べてコストを抑えられるのがメリットですが、雨風など耐久性には弱いので、長く使いたい人には人工木のウッドパネルがおすすめです。

人工木ウッドパネルにもデザインやカラーはいろいろありますが、我が家は他の店舗と比べてパネル1枚当たりの価格が安かったグッドライフウッドのウッドパネルを購入しました。

明るい雰囲気にしたかったので、カラーはナチュラルレッドを購入。

サイズは30×30㎝の正方形サイズで、厚さは2㎝ほどあります。

耐久性があり色あせしにくく、組み立ても簡単にできる。ノコギリを使えばカットも容易にできる、ということも購入の決め手でした。

 

早速ウッドパネルでベランダDIYスタート!

ウッドパネルが自宅に届いたので、早速ベランダのイメチェンに取りかかります。

ウッドパネル1枚あたりの重さは約900gで重ねるとそれなりに重いので、一度に重ねてベランダに運べる枚数は45枚ほど。階段上り下りの往復を5回以上はしました。

女性一人では結構重労働だったよ()

当たり前ですが、作業が滞りなく進むように、ベランダDIYは晴れの日を選んで一気に行うのがベストです

 

ステップ1.ベランダをデッキブラシと水で洗い流す

ウッドパネル設置の下準備として、まずはベランダの掃除を済ませます。

ベランダって雨水の汚れがこびりついていたり、雨風で排水溝に枯葉が溜まったりしているので、そういうものも全部綺麗に除去します。

枯葉やゴミを取り除いたあと、デッキブラシでよく磨いて水で洗い流します。

 

ステップ2.ウッドパネルをベランダに敷き詰めていく

しばらくするとベランダが乾くので、端の方からウッドパネルを敷き詰めていきます。

 

エアコン下が一番設置しずらいんですが、なんとか頑張って設置しました。

エアコンは重いから、旦那さんがいるときは旦那さんにお願いした方がいいね。

ウッドパネルの装着は、基本的に凸凹部分をカチっと組み合わせるだけなので、敷くだけなら女性一人でも簡単にできました。

 

ステップ3.幅が合わない場所はウッドパネルをカットして敷き詰める

ベランダのサイズって家庭によってまちまちなので、ウッドパネルをそのまま全て設置できるところもあれば、そうでないところもあります。

我が家の場合は、そのままだと設置できない間取りをしていたので、敷き詰められない部分はノコギリでカットしたウッドパネルを敷き詰めました。

ウッドパネルはノコギリを使えば簡単にカットできたけど、何枚も1人でするとさすがに応えたので、やはりここもパパに手伝ってもらいましょう!()

 

ステップ4.砂利や人工芝で変化をつけて完成!

ウッドパネルが入らないすき間には砂利や人工芝を敷いて部分的に変化を付ければ完成です。

ちなみに、我が家は白玉砂利を敷いてみました。

 

こんな風にウッドパネルと人工芝を組み合わせてコーディネートしたり


出典:楽天市場


出典:楽天市場

埋め込み式のソーラーライトを取り付けてナイトガーデンを楽しんだりしても素敵ですよね。

今回はウッドパネルと砂利を敷き詰めるだけで終わったので、いつか実現させてみたいな☆

 

ベランダDIYビフォーアフター

それではお待ちかねのビフォーアフターです。

before

 

after

ウッドパネルと砂利のおかげで、暗かったベランダが一気に明るくなりました。

 

子供もこのとおり走り回って喜ぶ喜ぶ。

 

また、ウッドパネルを敷いてから雨水が綺麗にはけるようになったので、以前のように汚れが気にならなくなりました。

夫がいない平日に子供と作業をしたのでさすがに疲れましたが、庭に次ぐ第2の遊び場になって子供も気に入っているので頑張ってよかったと思います!

 

ウッドパネルを敷けばベランダも快適空間に

ウッドパネルをベランダに敷いてから、地面の照り返しによる熱さや汚れ、雨水の掃けの悪さなどから解放されて、洗濯物が気持ちよく干せるのはもちろん、子供の遊び場としても利用できるようになりました。

ウッドパネルを敷けば、ベランダの見た目がよくなるだけでなく、利便性もアップするので、ベランダを心地よく使いたいな、と思っている方に本当におすすめです。

ベランダDIYをしようか迷っている方も、ぜひ人工木ウッドパネルを使ってベランダのイメチェンにチャレンジしてみてくださいね。

人工芝パネル 6枚セット 30x30cm 芝丈27mm : 芝生 樹脂 ジョイント マット 屋上 ベランダ テラス バルコニー 【当店ウッドパネルと接続OK】
\休暇期間全店舗商品7%オフクーポンを使える!/4個セット 埋め込み式 ソーラーライト 屋外 人感センサー ソーラーライト 屋外 明るい ソーラーライト イルミネーション グラウンドライト 芝生 広場 庭園 庭園灯 防水 安心の3ヶ月保証

 

 

\こちらの記事もおすすめ/

ウッドデッキができたよ! 下準備から工事・完成までを一挙に公開!
我が家に念願のウッドデッキができました。 ウッドデッキは建売を購入したときから密かに憧れていました。が、人工木のウッドデッキって天然木のウッドデッキよりも高くて、建売購入時はすぐに付けられなかったんですよね。 とはいえ、これから先も付き合い続けていくマイホーム。長い目で見ると、劣化の早い天然木よりも雨風に強い人工木の方が断然いいので、「ウッドデッキを付けるなら絶対人工木だ!」と前々から決めていました。
キッチンDIY☆ ラブリコを使ってオープン食器棚を作ってみたよ!
100均DIYやプチプラ雑貨巡りが趣味のアゲハです、こんにちは。 キッチンって主婦のお城のようなもので、DIYやインテリア好きにとってもこだわりたい場所のひとつですよね。 我が家の場合、建売を購入してからも前々から使っていた食器棚を使っていたんですが、家族が増えてから徐々に食器が収まらなくなり、キッチンに立つことがちょっとしたストレスになっていました。 そこで、今回はラブリコを使って思い切って憧れのオープン食器棚をDIYしてみました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました